ワーキングホリデー

ワーキングホリデー制度とは

基本的には、18歳〜30歳までの若者を対象に協定を結んだ両国で、1〜2年の長期滞在のビザが発行される制度です。その滞在期間であれば、就学、旅行、就労などの海外生活を送る事が出来ます。ただし、各国ごとにワーホリビザを取得出来るのは、一生に一回となりますので、取得するタイミングも非常に重要です。

ワーホリでできること

好きなことを好きなように楽しめるのがワーホリの魅力。
旅行に行ったり、語学学校に通ったり、ホームステイ、 アルバイト、ボランティア、習い事をしたり…。 積極的に多くのことを体験してみましょう。

どこに住む?

現地での生活に慣れるまでは、やはりホームステイがおすすめ次の滞在先や仕事を探すにも情報が集めやすいでしょう。
その後、生活資金の節約のため、アパートに移りルームメイトと一緒に住む人が多いようです。

収入を得ながら海外生活を送ることができる!

ワーキングホリデーの最大の特徴は、フルタイムで就労が可能なところです。現地のカフェやレストラン、農家などでアルバイトし、収入を得ながら海外で生活することができます。 1年間という長い期間、海外で過ごすに伴い発生する多額の生活費用を抑え、長期間海外で生活を体感したい方におすすめです。
ただし、英語力がなければできる仕事の幅も狭く、日本人ばかりの環境になってしまうこともあるため、ワーキングホリデー期間中に、または事前に語学研修などで英語力を伸ばすことを推奨。短期的に英語力を伸ばすことのできる学校やプランをご紹介させていただいています。

現地で見つかりやすい仕事とは?

日本食レストランや観光地の土産物店などの日本語を使う機会の多い職場は、現地のフリーペーなどを通して比較的簡単にアルバイトが見つかります。
また、田舎へ行けば、牧場や農場など自然で働く事も可能です。
アルバイト料は日本に比べて高いとはいえないが、高い語学力が必要だったり労働内容が厳しいものは、賃全高めに設定されていいます。

ワーキングホリデービザ取得条件

渡航先により取得条件は若干異なりますが、基本的に年齢条件を満たしていれば取得することは容易です。但し、カナダやイギリスといったように、一年間にワーホリビザの発給制限を設けている国で取得する方は、抽選での取得となりますので、計画性が大切です。

ワーキングホリデーで渡航出来る国

国名 ドイツ フランス アイルランド イギリス カナダ ニュージーランド オーストラリア スペイン
学校 制限なし 制限なし 制限なし 制限なし 6ヵ月まで 6ヵ月まで 4ヵ月まで 制限なし
働ける期間 最長で365日 制限なし 週39時間まで 最長で2年 制限なし 制限なし
基本的に同一
雇用主の下で
12ヵ月以内
制限なし
申請先
ドイツ連邦共和国
大使館、大阪
神戸ドイツ連邦
共和国総領事館
フランス大使館 アイルランド大使館 英国大使館 IEC

ワーキングホリデー・プログラム

ニュージーランド移民局 オーストラリア大使館 スペイン大使館

オススメプログラム