短期留学(1週間〜3ヶ月)

留学期間について

短期留学で参加出来る期間は、最短で1週間から留学が可能となり、基本的には毎週月曜日が入学日となります。その為、お盆休みや年末年始などに参加される社会人の方も多く、それぞれの留学のプランに合わせて入学が可能です。また、期間や目的によってオススメ出来る渡航先も異なりますので、事前にご相談が必要です。
短期1週間から留学出来る事は、旅行の延長線のようなイメージや、また長期留学に参加する前のプレ留学として非常に有効な手段です。

留学期間で出来る事

短期留学といっても、基本的な語学留学で出来る事は全て行う事が出来ます。唯一出来ない事は、有給のインターンシップやアルバイトといったところです。それ以外のプログラム(ホームステイ、旅行、アクティビティ、ボランティア、無給インターンシップなど)は、ほとんど経験出来ますので、事前に目的や期間を設定した上で計画を立てましょう。

留学期間で参加出来る国

  1. イギリス
  2. アメリカ
  3. カナダ
  4. フィリピン
  5. オーストラリア
  6. ニュージーランド

短期留学のポイント

初級者からでも安心して参加できる

語学学校では入学時にレベル分けを行うため、‘This is a pen’のレベルからビジネスシーンで活躍できるレベルの方まで、自分にあったレベルで英語を学ぶことができ、初めての留学の方でも安心してご渡航いただけます。

短期間でも「英語漬け」の環境を体感できる

週4~5日、1日4~6時間程度英語の勉強をし、その後もホームステイなどでネイティブの家族と共に生活することができるため、日本で英会話レッスンに通うのとは異なり、英語漬けで短い期間の中でも英語力を伸ばすことができます。

世界中の友達を作るチャンスがある

語学学校には母語を英語としない留学生が世界中から集い勉強しています。一人で渡航してくる留学生は皆、同じ不安や寂しさを抱えているため、同じクラスの学生とは比較的すぐに仲良くなり年齢や国籍を超えて友達の和を広げることができます。また、将来的に英語を継続して勉強していくモチベーションにもつながります。

長期留学への自信に繋がる

初めての海外経験で、1年間の長期留学や高校、大学の卒業留学に踏み出すのは不安…… そんな方にとって、短期間であっても留学を経験することでその国の文化や習慣、英語環境で生活することの大変さや楽しさを体感していただくことができます。

長期休暇を使って渡航できる

大学生であれば夏休みや春休みの長期休暇、社会人の方であれば転職の合間など、お休みの間を縫って渡航することができるため、長期留学のように、学校を休学したり退学したりする必要がないため、気軽にチャレンジしていただけます。

オススメプログラム